SNSはお客様とつながることのできる便利なツールでもありますが、時として自分の身を危険にさらしてしまう恐ろしいツールでもあります。

キャバクラ嬢はいわば「手の届くアイドル」のような存在

キャバクラ嬢はいわば「手の届くアイドル」のような存在なので、より気をつけなければなりません。

個人情報を出し過ぎないためにも、元々持っているアカウントではなく、お店用のアカウントを別に作ることを強くオススメします。

もちろん本名ではなく源氏名で登録し、住んでいる場所が特定されてしまう投稿も控えた方がよいでしょう。

また、よく行っているお店がわかってしまう投稿なども気をつけた方がよいかと思います。

お客様にストーカーされた、という話しは決してめずらしい話しではありません。


お客様といい距離感を保てるよう気を付ける

また、個人的にSNSをやっていて、お客様にSNSをやっていることを伝えていなくても、本名やメールアドレスなどから貴女のページを見ることもできてしまいますので、彼氏の存在など、お客様にバレたくない情報をアップしている場合は「友達のみ公開」などの設定にしておくことをオススメします。

仕事とプライベートの情報はきっちりと分け、お客様といい距離感を保てるよう気を付けることが大切です。

電話・メール・LINE、そしてSNSをうまく活用して、たくさんのお客様を貴女のファンにさせちゃってくださいね♡